新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する政府の対応について

お知らせ
情報掲載日:

このたび、日本商工会議所を通じまして、経済産業省ほか各省庁により、新型コロナウイルス(2019-nCoV)に伴う感染症の現時点の状況について、政府の情報を集約したポータルサイトが開設された旨の情報提供がありましたのでご連絡いたします。

 本ポータルサイトでは、厚生労働省による検疫時の注意喚起や、外務省による感染症危険情報など、政府機関による発表に円滑にアクセスできるようになっております。

  

 

「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房)」

 http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

【2020年2月13日(木)追記】

・外務省は、在中国在留邦人および海外渡航者について、今後、新型コロナウイルスによる感染症の状況が急激に悪化する可能性を念頭に、情報収集等に万全を期すとともに、日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期の検討を求めました。

<参考:外務省 海外安全ホームページ(中国)> 

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_009.html#ad-image-0

 

【2020年2月6日(木)追記】

・厚生労働省検疫所は,湖北省からの帰国者及び入国者に対して,咳や発熱等の症状がある場合には,検疫官に自己申告するよう呼びかけています。日本でもこれまでに25の症例(その他、横浜港停泊中のクルーズ船で発生した感染者20名)が確認されており,帰国後にこれらの症状がある場合には,マスクを着用するなどし,湖北省に滞在歴があることを申告の上,医療機関を受診するよう協力を求めています。

<参考:厚生労働省ホームページ>

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

・法務省出入国管理庁は,2月1日午前0時(日本時間)から,本邦への上陸の申請日前14日以内に中国湖北省における滞在歴がある外国人及び同省において発行された同国旅券を所持する外国人については,特段の事情がない限り,上陸を拒否し得ることとなる旨,発表しました。

 <参考:法務省ホームページ>

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/20200131comment.html

 

・在留届及び「たびレジ」への登録のお願い

 海外渡航前には,万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html 参照)

 

・新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

 政府は、新型コロナウイルスを含む感染症対策をまとめたチラシ等を作成しました。人の集まる場所での掲示、周知など、用途に限らずご自由にダウンロード・印刷してお使いください。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html) 

 

本情報を含め、政府からの情報は以下ポータルサイトからご覧いただけます。

「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房)」

 http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html